Home > ご縁、そしてご紹介について

ご縁、そしてご紹介について

  • Posted by: エターナルボーテ
  • 2015年1月 3日 01:23
さて三が日から、ちょっと大きなテーマについてお話をいたしますが

一昨年、昨年、そして新年はじまって早々
色々考えさせられる事があったので改めて書こうと思います。

冒頭からお詫びいたしますが、今回のブログは少々お説教くさいです。。。

************************************

今回のタイトルは「ご縁、そしてご紹介について」

2015年に入り、私自身、これまで同様幅広い活動をして
今後も様々な方とお話させて頂く機会を頂戴すると思いますが

そのお一人お一人との間における信頼関係を崩したくないため
よほどでない限り、自発的な"ご縁つなぎ""ご紹介"は控えさせて頂きます。

仮にどなたかとどなたかをお繋ぎする機会があったとしても、こちらが意図して
ご紹介している訳ではないなら(あるいは事前に注意していないなら)、
そこから先に発生する諸問題は責任を負いかねます事、予めご了承下さい。

・・・といいますのは、

あまりに世の中に
ご縁繋ぎを軽んじている人がいらっしゃるため。

そうした人たちに常識外の行動をとられることで
結果、自身の信頼をも失い、また、それより何より、ご迷惑をおかけした方に
申し訳なさで胸が苦しくなってしまうことが、ここ数年で何回かありました。
(またよりによって、とても大切な方相手だったりするんですねこれが・・・)
もちろん私の采配ミスでもあると思うからこそ、胸が潰れる程痛くなり、反省しきりなのですが。

なんらかの形でご迷惑をおかけしてしまう方がいらっしゃると、
それは、自分が紹介した手前、色んな形でお詫びや信頼回復に務めなければ、と思います。
(繰り返しますが、事前に諸注意をしているような紹介は別です)
どんなに自分の周囲に9割方素晴らしい人がいて、幸せの連鎖があっても
1割の心ない人で全て台無しになってしまうことだってあるのです。
企業、ブランドの信頼も同じ。

今回の"ご縁"というのは

普通に友人同士のお繋ぎでも(そこから恋愛に発展してしまうなら尚のこと関与できません)、
お仕事の依頼でも、
スポンサー探しでも、
ボランティア依頼でも、
そのほかのお願いごとでも、

人が人を繋ぐということは、それ自体一瞬で出来るように見える事でも、
そこには見えない"信頼"の糸が繋がれており、紹介した側の"責任"だって発生します。
紹介された側は、それを熟知、認識したうえで行動しなくてはならないと私は思います。

一方で、そんな責任云々関係なしに
人と人、ものとものは出逢えばそこで何かしらの化学反応が生まれるものだと思いますが・・・

縁結び、というのは
決して男女の恋愛ごとに限らず
何事においても、大切なことなのです。
ご縁の一糸一糸、全てが大切な糸。

・・・あえてブログに書く事でもないと思ったのですが

つい最近も自分(や社会)の中で常識だと思っている事が、
かなりかけ離れた形で行動されてしまったことがあり
もう、こうしたショックを受けたくないというのが本音で今回ブログにしたためました。

それでも問題には対しては、自分にフォロ―出来る事はしよう、とも思いますが
問題を起こした張本人が悪気なく、むしろ主義主張ばかりで、自分は間違っていないという
態度を取られる場合があるので
そうするとさすがに私も救い様がなく・・・ごめんなさい、もう、何もお繋ぎ出来ませんとしか言えません。

こうしたことにより
当然のことながら私自身(の責任も発生するため)の信頼も失います。
でもそれはそれで、ご迷惑おかけした相手には償おうと本気で思います。
また信頼回復のために長期にわたり、尽くそうと思います。
お相手の方が、気になさらなくていいよと仰って下さっても、私はすごく気にします。

それだけ、自分が関わる人は、どんな方でも大切に思っているという事です。

逆をいえば、自分が思う常識がない方とは、今後お付き合い出来なくなる予感しかせず・・・。

挨拶、ちょっとした礼儀、姿勢、言葉遣い。
時間との向き合い方。
仕事との向き合い方。
お金との付き合い方。
TPOのわきまえ方。
気の遣い方。
極端な性的目線、行動を慎める方。

当たり前、といえば当たり前のことかもしれませんが
人それぞれ、"当たり前"があまりに違うような気がします。
なので、何か諸問題が起きる前にリスクヘッジするか、都度学んでいけば良いとも思います。

自分は出来るという人ほど、出来ていなかったりする・・・から
私も常に自問自答、反省の日々です。(未だにあれはよくなかった、と思うことだってあります)
そして、最近連絡を取っていない方を含め、お一人お一人にちゃんと向き合わねばと
襟をただしながら、また、少しでもちゃんとした振る舞いが出来る様にと思っています。

つまり自分だって完璧ではありません。だからこそ自戒をこめての台詞です。

それでも、「想い」の在り方があらゆる姿勢に繋がるのだと私は思っています。

もちろん、学歴や職歴、育ちだけで人を判断するつもりは毛頭ありませんし
むしろ色んな方の得手が活きて欲しい、と願って色々なパズルを埋めるかの要に
役割分担をさせて頂いたり、人にお仕事差しあげたり、ご紹介させて頂いたりしたのですが。

どんなに頭が良くても能力があっても素敵な人間的魅力がある方でも
社会性がない方は、社会で何かをすることは難しい。
育つ場所が必要です。
あるいは、似た方がいらっしゃる中で、のびのびと生きられたら良いと思います。
むしろ、世の中の常識が向いていないなら、
とことん世間と異なる生き方をして(そしてそれは短絡的な発想や突発的で感情的過ぎる行動ではなく)
自分で這い上がって欲しい、と思います。

私が知る限り、本当の意味で世の中を動かす方は、
メディアで叩かれようがなんだろうがーメディアに登場しない方々もおられますがー
しっかり、礼節もなんでも出来ておられます。度量もあり、視野も広いです。
いつも学びを多く頂いています。

私自身も沢山の方からお引き合せ頂き、今日の私があり・・・。
本当に感謝してもしきれないくらい・・・。
だからこそ、恩返しも兼ねて、自分の一挙手一投足に責任を一層思わなくてはならないのです。

また、こうしてブログに書くくらいなのだから、
当然自分にも同じように言うべきと私は思います。

というわけで、このブログをご覧下さっている皆様、

今後も、これまでと同様ではありますが
私という成瀬久美という人間、または、エターナルボーテ(財団や紙芝居の団体でも良いですが)を真から
信用してくださるのみ、どなたかをお引き合わせくださいましたら嬉しいです。

ちょっと今は、正直、世の中にはごまんと素晴らしい方がいらっしゃるのを
存じ上げていても、人に出逢う事すら萎縮してしまう自分もいます。
また同時に、お引き合わせくださるからには、自分が誠心誠意務めようと思うため
基本どなたでもお会いするのは嬉しいですが、自分の公私において重要な方を優先させて頂きたいと存じます。
(繰り返します。ステータス重視ではなく、あくまで信頼重視という意味です)

とにかく人と人との縁は魂と魂をお繋ぎする縁でもあり
いくらネット社会でスピーディ社会だからといって
何かが起きた=なんでも簡単に縁切りすればいいという訳でもありません。

逆をいえば、それだけ、目の前にいる、
関わりを持つ人は重要なのです。

何でもかんでも保守的になればいいと思いませんが
それだけの思いで自分と、また会社(財団、紙芝居団体も)と絡んで下さったら
一層、いろいろな事が円滑にいくと思い
また周囲へのご迷惑をこれ以上おかけしないためにも
厳しい言い方になりましたが、上記の様に書かせて頂きました。

何卒ご理解頂けます様、宜しくお願い致します。

成瀬久美


Home > ご縁、そしてご紹介について

Search
Feeds
Photos

Return to page top